teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『ぬりゑ』の“ゑ”がいいですねぇ

 投稿者:Gemini....  投稿日:2009年12月 3日(木)23時29分35秒
返信・引用
  こんばんは
お返事をいただき恐縮です。
ありがとうございます。
矢玉さん別府でしたか?
大塚さんの生声を聞いた事があるなんてうらやましいです。
さて『ジェルソミーナの歩いた道』は、テレサ・テンさんの歌唱は素晴らしいですが、『幸せのしっぽ』で丹羽さんがセルフカバーをしているみたいで、丹羽さんの歌うこの歌も聴いてみたいなぁと思います。
『ぬりゑ』は『こおろぎ橋』のカップリング(私はどちらかと言うとB面と言った方がしっくりくる年代です)でしたね。
そう言えば、ポーラテレビ小説でしたね。
この『ぬりゑ』と言う題名だけで、古き良き時代のようないい雰囲気を感じます。
えじゃなくてゑなのが流石だなあと感じました。
私は、セールス云々といい歌は別個だと感じてますが、また、現実的なところもあり、我々素人が考える以上に色々と難しいところだと感じます。
私は、いい歌はどんどんカバーして欲しいなぁと思いますし、矢玉さんの曲もカバーされたらいいのになぁと思います。
最後になりますが拙い投稿にお返事いただきありがとうございます。
 
 

RE:はじめまして

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2009年12月 3日(木)22時06分43秒
返信・引用
  Geminiさん、ありがとうございます。それにしても、よく御存知ですねえ。
先日、NHKのBSでテレサテン特集をやってましたが、テレサの「ジェルソミーナの歩いた道」を初めて聞きましたが、その表現力というか、歌手の力には脱帽です。私の作もどなたかカバーしてくれないかなと思ってますが、ちーともそんな話はありません。歌は作詞、作曲、アレンジ、歌唱のすべてがそろって、その上営業にかからないと世にでません。今はシンガーソングライターでないと営業にはかからないようですね。作詞家、作曲家は悲しい状況です。
『ぬりゑ』はシングルレコード「こおろぎ橋」のB面です。アルバムの「レディースホテル」に入ってます。坂田晃一さんは私は不勉強でしりませんでした。大塚博堂は別府の人で中学高校はちがいますが同級生です。一度だけ作詞の教室でゲストとしてこられたので目のまえで生の歌を聞きました。とてもシャイな人でした。

http://homepage3.nifty.com/harebuta/

 

はじめまして

 投稿者:Gemini....  投稿日:2009年12月 3日(木)01時37分45秒
返信・引用
  はじめまして、北海道のGemini....と言う者です。
よろしくお願いします。
矢玉さんの“はれときどきぶた”の絵は、どこかほっと出来る何かを感じるものだなぁと思っています。
こちらへは、“丹羽応樹さん”と言うキーワードでたどり着きました。
先日、木の実ナナさんのベストを入手しまして、その中に『遊びなれてる人みたいに』がありました。
矢玉さんの詩に、丹羽さんのメロディー、そして今は亡き大村雅朗さんのアレンジ、更に木の実さんの歌唱、全てが相まって素晴らしい曲だなぁと感じた次第です。
哀愁感のある詞が本当によく、初めて聴いた時には、ピピッと第六感って感じで、聴けば聴くほど、奥深さを感じる次第です。
ここで、少し前で丹羽さんの事を語っていますが、丹羽さんのメロディーは、優雅でヨーロピアンでドラマチックで綺麗だと思います。
さしあたって男性の音楽家で例えたら、坂田晃一さんのようなそう感じます。
『ぬりゑ』は聴いた事ありませんが、詩が良いですねぇ。
また、その“丹羽節”と言われる自然で綺麗な声、本当に魅力的です。
丹羽さんはメロディーライン的やあるいは橋田壽賀子さんのドラマの音楽を担当していると言う面などで、坂田さんが近いですが、綺麗な声で自ら作曲して歌うと言う点では、あまり一般的には有名じゃないかもしれませんが、若くして亡くなった大塚博堂さんにも近いかなぁ?とも感じます。
いずれにしても丹羽さんの作品は、自ら歌う『恋路海岸』『こおろぎ橋』、更にはあのテレサ・テンさんが自分の曲で一番好きだと言っている『ジェルソミーナの歩いた道』など素晴らしい作品が多いと思います。
出来れば、丹羽さんのLPなどがCDで復刻したらいいのになぁ。と感じる今日この頃です。
『ぬりゑ』はセルフカバーで『しあわせのしっぽ』に入っているのかなぁ、でも、オリジナルなアレンジのあの時代の演奏で聴いてみたいなぁとも思います。
これから寒くなりますが、お体ご自愛してお過ごし下さい。
まとまりがありませんが以上です。
では失礼します。
 

トラブルかいけつ

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2009年10月 6日(火)12時57分41秒
返信・引用
  @niftyに電話して、新モデムに交換しました。順調。  

インターネットトラブル中

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2009年10月 4日(日)15時26分32秒
返信・引用
  ADSLモデム故障で交換のため現在ダイアルアップでつないでいますので、読むのも書き込みも不便です。数日お待ちください。モデム交換します。投稿はOKですが、返事がおそくなります。
つなちゃん、京都旅行はうらやましいです。お寺巡りをしたいのですが、なかなか・・・

http://homepage3.nifty.com/harebuta/

 

♪あなたの心のきれはしをください…

 投稿者:つなちゃん  投稿日:2009年10月 1日(木)00時08分43秒
返信・引用
  先生、ご無沙汰しておりました。
日付が変われば10月、いよいよ本格的な秋になって来ましたね。
「心のきれはし」、相手(必ずしも男と女という訳ではなく、友達同士でも親子でも)が心を閉ざしている切なさが聴いていると胸に迫ってきます。どこか寂しい季節である秋に聴いているとなおさら感じられますね。「巡る季節を追いかけて時の狩人が…」のフレーズも秋の寂しさとマッチして…

シルバーウィークに京都に行って来ました。
夜の市バスの中で「紙心恋折鶴」を聴いていたのですが、秋の京都の夜に切ない歌詞とメロディーが再度初めて聴いた時の感傷を呼び覚ましました。
 

♪あなたはその手で薔薇を投げた…

 投稿者:つなちゃん  投稿日:2009年 8月20日(木)18時53分41秒
返信・引用
  こんばんは!「スペードの女王」、昼間ちょうど聴いていたところだったのです。テンポが軽快で今聞いても全然古くないって思っていたところだったんですよ。タイトルに書いた転調する部分がまた良いんですよねぇ。  

スペードの女王

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2009年 8月20日(木)15時27分52秒
返信・引用
  つなちゃん、「スペードの女王」は私もお気に入りでした。ヒットしても不思議ではない調子のいい曲でした。なにしろアレンジャーは売れっ子の一流の方ですから、ずいぶん楽しんで聞いたものです。今聞いても古くはないでしょう。

http://homepage3.nifty.com/harebuta/

 

きいちのぬりえ

 投稿者:つなちゃん  投稿日:2009年 8月 9日(日)12時09分54秒
返信・引用
  こんにちは。私が子供の頃は既にテレビアニメや文具メーカーのオリジナルキャラクターのぬりえが全盛期だったため、店頭にはあまりなかったように思いますが、絵だけ見てもとても愛らしくて下手に色をつけてしまうのがもったいないようですよねぇ。

さて、金曜日の夜にベッドの中で聴いていた「12の引き出し」の中の「スペードの女王」の話です。
丹羽さんというとどうしてもしっとりした曲の印象が強いため、この曲は最初ちょっと意外な印象でした。でも早いテンポで描き出される男と女の駆け引きの光景、聴いているとリズムをとりながら最後には「寂しさをかみしめるスペードの女王」のフレーズに胸がキュンとなってしまいます。
 

RE:ぬりゑ

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2009年 8月 7日(金)16時00分48秒
返信・引用
  「ぬりゑ」は自分でもどうしてこんな詩を書いたのかわかりませんが、すきな詞です。30年まえですが・・「ぬりかけてやめたぬりゑ のように 淋しいことだけ感じます」
実際のぬりゑは戦後の美術教育では、自由な表現ではないので、あまり良いものとはいわれなかったのですが、最近見直されている「きいちのぬりえ」自体はやはり美術的にもすぐれています。
詩を書いた当時は全く滅亡状態でしたが、子供のころのことを思い出したのでしょう。
感想やコメントをいただけることはとてもうれしいです。
恋歌はもう書きませんが、いまも童謡を書いています。

http://homepage3.nifty.com/harebuta/

 

レンタル掲示板
/35