teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE:では・・・

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2011年 6月11日(土)14時56分59秒
返信・引用
  Gemini....さんありがとうございます。
赤ちゃん用そのまま飲める液体ミルクは、一年くらいで商品化されることを期待しています。
粉ミルクでも、殺菌のため、一度80度のお湯を使うという指示が平成19年に出ているようですが、誰も知りません。メーカーも、育児書でも遅れているところがあるようです。
公共広告機構が同じコマーシャルを流しつづけましたが、こういう情報を流せばいいとおもいます。
昔とちがって、はやり言葉の一部での流行が、マスメディアで無批判のままに、むしろおもしろがって、流されますから、どうもしょうがないですね。
国会議員や識者でさえ、「首長」をクビチョウと読んで平気という人ばかりになりましたから、隠語や、業界用語が表に出過ぎでしょう。
 
 

では…

 投稿者:Gemini....  投稿日:2011年 6月11日(土)00時36分58秒
返信・引用
  お久しぶりです。
3月には大変な震災があり、自然の怖さを改めて感じた次第です。
そして、平穏無事に過ごすことの有り難さを改めて感じました。
まずは、震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り申しあげます。
そして、被災された方にお見舞い申しあげます。
一日も早く、平時に戻れますよう祈念申しあげます。

液体ミルクの件、興味深く読ませていただきました。
日本人にありがちな、話題になった時は、関心が深まるが冷めるのも早いみたいなものを感じた次第です。

私が最近感じるのは、略語の多いなぁと感じます。
全部が悪い訳ではないのですが、“とりま”とか元の言葉の意味がさっぱりわからないものが多すぎます。
いつからこんなになったのですかねぇ?
漢字の交ぜ書きと合わせて、何か大事なものを置き忘れて過ごしている的に感じます。
そんなこんなで、とりあえず色々書いてみました。
 

平成23年6月5日

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2011年 6月 5日(日)21時50分57秒
返信・引用
  昔はたくさんあったのですが、最近は書き込みがありませんので、無料の掲示板は広告で成り立っているので、まずいわけです。なんか書いてー。なんでもいいです。
ホームページに書きましたが、赤ちゃんのミルク、母乳が出るのなら必要ないのですが、出なかったり、父親とか他人が世話ををするときには、ミルクが必要です。戦前から粉ミルクはあります。メーカーは和光堂、森永、明治、雪印(私が経験した昔の情報です。今は知りません)などで、初めて出産する母親は産院で指導を受けると思います。その時に使ったメーカーのものを買うことになります。
今回の東北大震災で、フジテレビの安藤キャスターのニュースでしりましたが、フィンランドに住む日本人から液状のミルクが送られてきて、初めてそんなものがあると知りました。なんで日本にないのか?当然の疑問です。が、その後、ニュースになりません。関心のない人ばかりらしいです。


 

RE:お久しぶりです

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2010年 9月 7日(火)12時29分41秒
返信・引用 編集済
  投稿ありがとうございます。おかげさまで、30年創作をつづけることができました。感謝いたします。
漢字が見直されて、クイズなどでも難解な問題が出ます。韓国でも漢字を使う動きもあるようです。漢字制限意識から脱却すべきでしょう。仏教研究をすると漢字のおもしろさが倍増しました。

http://homepage3.nifty.com/harebuta/

 

お久しぶりです

 投稿者:Gemini....  投稿日:2010年 9月 5日(日)08時36分21秒
返信・引用
  お久しぶりです。
さて、先日、散歩をしていると“小供”という字
をかいた看板があり、おそらく誤字だと思うので
すが、“子供”や“こども”であって“子ども”
ではないという矢玉さんのコラムなどを思い出し
た次第です。

そこで、色々な歌で“こども”はどう表記されて
いるか?と言うのが、ちょっと興味が沸きました。
まずは、1979年の大ヒット曲、いきなりこの言葉
で始まる久保田早紀『異邦人』(作詞・久保田早
紀)、これは“子供たちが”でした。
次は、1982年の曲でサビの部分にある中村雅俊
『君の国』(作詞・大津あきら)、こちらも“夢
という名の子供たち”でした。
最後に、1979年の曲で、題名にそのものズバリ入っ
ている大塚博堂『もう子供でも鳥でもないんだか
ら』(作詞・るい)、この時点で“子供”です。
他にも色々あるんでしょうが、私の好きなこの3
曲に関しては、“子供”表記で、ちょっと嬉しか
ったりと言ったところでした。
コラムにも色々書いてありますが、私も基本的に
漢字で表記出来るものは、漢字で書くべきものか
なぁと思います。
一個でもわからなければ、中途半端にまぜないで
ひらがなで書く、そういうものだと感じます。

それから名前の話も興味深く読ませていただきま
した。
私の本名は、四文字で、うち三文字は簡単ですが、
一文字だけはちょっと難しいといったところで、
小学校中学年頃には、フルで書けるよう(まだ習
う字ではないんですが)になり、それを書いたと
ころで、特に何も言われませんでした。
習ってないから、本人が書けても交ぜ書きしろと
いうのは、ちょっとナンセンスだと感じます。

色々だらだら書きましたが、最後に、今日9月5日
は“はれぶた”の誕生日だそうで、“はれぶた”
30歳、おめでとうございます。
 

うそしんぶん作り

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2010年 8月27日(金)11時19分24秒
返信・引用
  8月28日〔土〕練馬区南田中図書館でうそしんぶん作り。  

RE:ぞうさんだっこ

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2010年 5月28日(金)23時12分19秒
返信・引用
  この詩は作曲を中川ひろたかさんに、やりなおしてもらって、幼稚園の先生向けの雑誌にのることになりました。歌ってもらえるようになるといいのですが。ほかにもいい歌ができてるんですが、
なにしろ発表に苦労します。
 

ぞうさんだっこ

 投稿者:つなちゃん  投稿日:2010年 5月28日(金)22時44分32秒
返信・引用
  先生、こんばんは。
「ぞうさんのね あかちゃんがね よいしょ よいしょ よいしょって わたしをね だっこしてくれたんだよ」
ラストのオチが実にナイスな詞ですね。
 

中村中さん

 投稿者:つなちゃん  投稿日:2010年 4月15日(木)00時35分35秒
返信・引用
  先生、どういたしまして…。トップページにまで掲載してくださって恐縮です。実は中村さんのことを書き込みした時の私は会社での資格試験から解放されてほっとして脱力状態だったのです。

私も紅白で初めて歌っておられるのを見たのですが、雰囲気といい歌唱力や表現力といい、素晴らしい方だなあと思いましたよ。
 

続・中村中さんの歌

 投稿者:ぶたごやそうじ人  投稿日:2010年 4月 6日(火)16時24分54秒
返信・引用
  つなちゃん、中さんを教えてくれて、ありがとう。「手をつなぐだけでいい・・」という所は聞いた覚えがありましたが、その裏に意味があるところまでは知りませんでした。この人の詞はすばらしいです。プロが考えて作れる言葉ではありません。「汚れた下着」最高です。紅白はおととしのですね。やっぱり見てませんけど。去年なぜ出てないのかな?へんですね。メジャーになって、これからがたいへんです。私の中では数十年にひとりの逸材です。他からはこの才能に嫉妬されるでしょうし、作詞でも壁にもぶつかりますので、周りの人のフォローが望まれます。いい人を教えていただきました。  

レンタル掲示板
/35